ページトップ

KODAK コダック Retina Ⅲc

ドイツコダック製のレチナⅢcのファインダー窓の小さい方の「小窓」です。1954年~57年にかけて主にアメリカ向けに生産されました。第一次大戦後、アメリカのイーストマンコダック社とドイツのナーゲル社が資本合併してできたのがドイツコダック社です。コダックはレチナカメラ用にマガジン入りの35mmフィルムを初めて発売し、レチナカメラは小型で作りも精巧でレンズ性能もよく人気を博しました。1954年といえばあのライカ社が名機M3を発売した年で戦後ドイツの工業力が最高潮のときでした。レチナⅢcの精巧な作りと性能は今触って見てもまさに実感できます。またこのカメラには露出計も内蔵されていますのでその小さなボディとあいまって、お散歩カメラにはもってこいです。レンズはシュナイダー製のレチナ・クセノン50mm F2、開放での柔らかい描写と絞ったときのシャープさには定評のあるレンズです。またこのカメラは前玉でのレンズ交換が可能で、35mmと80mmの交換レンズがあります。こちらは専門修理業者様にてオーバーホールしました。露出計の感度は若干低下しています。外観は目立ったキズ等なくきれいです。


ステータス
グレード:★★★★
商品コード: 17-33587-90051-00
商品名:KODAK コダック Retina Ⅲc
販売価格(税込) 29,800円
関連カテゴリ: 蛇腹/スプリング/フォールディングカメラ

カゴに入れる

詳細写真

  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真
  • 商品写真